新生児の育児には何人必要?夫婦二人で大丈夫?

新生児育児に必要な人手は

こんにちは

Anasanです。

あんこちゃんも新生児期間(生後28日)がそろそろ終わります。

ここまで約1か月の育児経験を通じてわかったこととして
新生児育児にどれくらいの人手が必要かを書いていきたいと思います!

https://ansan-papa.com/wp-content/uploads/2019/10/表情差分男性怒.png
Ansan

今日はマジメな話!

新生児育児にはどれくらいの人手が必要か?

夫(フルタイム勤務)、妻(育休中)、妻母(泊まり込み)の
3人でギリギリだと思います。(うちはこれで乗り切りました)

もし夫婦2人で乗り切ろうとしている家庭がありましたら、相当な覚悟が必要だと忠告しておきます。
これは冗談じゃなくマジな話です。。

3人でギリギリだと思う理由を3つご紹介します。

その理由① 新生児はほとんど寝ない!

新生児はほとんど寝ていると思っているあなた!
それは大きな勘違いです・・・。
新生児はほとんど寝ないので、1日の大半を抱っこしてあやすことになります。

※ものの本によると「新生児は基本的に寝ていてお腹が空いたときくらいしか起きない」と書いてあるものもありますが、あれは嘘だと思ったほうが良いです。
(個人差があるので、赤ちゃんによっては本当かもしれませんが、、、)

そのため、日中も夜中もぐずっているときは、眠るまでエンドレスであやし続けることになります。

そのため、交代であやすことになるのですが、平日の夫は日中仕事&夜中就寝となるため、あと2人はいないと交代できません
交代できないと24時間ワンオペ育児になります。。

https://ansan-papa.com/wp-content/uploads/2019/10/表情差分男性哀.png
Ansan

休日は夫が夜中の面倒みたりできるけど平日は難しい。
平日5日間を24時間ずっとひとりで面倒みるのは不可能です。

その理由② 夫はほとんど役に立たない!

まず、フルタイム勤務の夫は時間的にも能力的にもほとんど育児ができません。

私も育児参加する気満々でしたが、毎日以下①~⑧をするので精一杯。
①帰宅(19:30頃)
②夕食(~19:45)
③シャワー(~20:00)
④沐浴(~20:15)
⑤ミルク(~20:30)
⑥寝かしつけ(~寝るまで)
⑦ミルク(~23:30)
⑧寝かしつけ(~寝るまで)

上記についても、沐浴は一人じゃ不安なので夫婦でやりますし、
ミルクで満足しなければ母乳をあげたりするので、妻もゆっくりできません。

https://ansan-papa.com/wp-content/uploads/2019/10/表情差分男性哀.png
Ansan

いくら夫にやる気があって育児参加したとしても
妻がゆっくり休める時間はほとんどありません。。

その理由③ 家事をする時間がない!

新生児は一人になるとすぐ泣きますので、ほとんど抱っこしていることになり
なかなか家事をする時間がとれません

新生児用の抱っこ紐もあるにはあるのですが、新生児を前に抱えて
料理をするのはかなり危険なのでやめたほうがいいです。
できるとしても掃除・洗濯くらいでしょうか。

新生児対応の抱っこ紐はありますが、前に抱えて料理はほぼ無理…
でも、ブログ書くときには重宝しています。笑

前述の通り、夫は帰ってきて家事する時間はありませんから
日中に新生児の面倒を見る人と家事をする人の2人が必要になります。

https://ansan-papa.com/wp-content/uploads/2019/10/表情差分ねずみ哀.png
ハチ

おれが手伝ってあげられれば・・・

夫婦二人だとどうなる?

よく寝てくれる赤ちゃんならなんとか二人でも可能かもしれませんが、
なかなか寝ない赤ちゃんの場合は妻が倒れると思います。

もし親や家族がヘルプに来れず夫婦2人の育児となる場合、
事前に市区町村の窓口に相談してみましょう

私の住んでいる市区町村では家族が遠方ですぐに実家を頼れない家庭に対し、
一時的に赤ちゃんを預かってくれるサービスがあります

そういった行政のサービスをフルに活用しないと、
乗り切るのは無理
だと思います。

https://ansan-papa.com/wp-content/uploads/2019/10/表情差分男性怒.png
Ansan

高い税金納めてるんだから、使えるものはしっかり使う!
それが税金の有効活用でもあります!

まとめ

本日は新生児育児に必要な人数について、私の考えをご紹介しました。

うちも新生児期間の終わりとともに妻母が妻の実家に帰りますので、
ついに夫婦二人の育児が始まります

妻母には色々とお世話になり、感謝に堪えません!
できるだけ早めに、母方の実家にあんこを連れて行ってあげようと思います!

もし、夫婦2人で新生児期間を乗り切ろうと考えている方がいたら、
ぜひこの記事を見せてあげてくださいね。

それでは~!

応援してくださる方は以下のにほんブログ村のバナーをクリックして頂けるとモチベーションアップにつながります!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。