赤ちゃんが生まれたらベビーリングを作ろう!写真撮影のアクセサリに使える!

本日は赤ちゃんが生まれた記念品として「ベビーリング」をご紹介します!

赤ちゃんが生まれると、様々なシーンで写真撮影をしますよね。
そんなときに赤ちゃんの身に着けられるアクセサリーとして、ベビーリングを一つ持っておくととても便利です。

しかも、ベビーリングは赤ちゃんの指に入らなくなってしまってもネックレスにして身に着けることができます。

赤ちゃんが生まれたら、記念にベビーリングを作ってみてはいかがでしょうか?

この記事はこんな人向け
  • 赤ちゃんが生まれた記念品を探している
  • 写真を撮る際のアクセサリーを探している

写真を撮る際のアクセサリーに最適!

私がベビーリングをおススメする一番の理由は、写真映えするということです。

本ブログでもたびたび紹介していますが、赤ちゃんが生まれると色々な人生儀礼があります。(お宮参り、お食い初め、初節句、等々)

そういうイベントの際にはもちろん写真を撮ると思うのですが、なかなか赤ちゃんが付けられるアクセサリーが無いんですよね。

ベビーリングは写真撮影で身に着けていればワンポイントのアクセサリになりますので、家族みんなで指輪を着けた写真を撮影してみるのも良いと思います。

https://ansan-papa.com/wp-content/uploads/2019/10/表情差分男性喜.png
ansan

赤ちゃんの手の小ささって愛くるしいです!
そのため最近では手だけの写真を撮るのも流行っています♪

誕生石を入れてラッキーアイテムにできる!

ベビーリングには誕生石を入れられるので、赤ちゃんのラッキーアイテムにもなります。

10月生まれのあんこは「ピンクトルマリン」。
ピンクトルマリンは美容恋愛運向上ストレス緩和などの効果があるそうです。

ラッキーアイテムを身に着けさせてあげたい!と思う方は、ベビーリングと誕生石はいかがでしょうか?

ピンクトルマリンが入ってます~。(画質はすみません・・・)
https://ansan-papa.com/wp-content/uploads/2019/10/表情差分赤ちゃん喜.png
あんこ

パパとママと同じ指輪ができてうれしい~♪

ネックレスにして使うこともできる!

赤ちゃんの成長速度は速いので、産まれたときに作ったベビーリングは生後半年もすれば指に入らなくなると思います。

でもベビーリングの役目はそれで終わりではなく、チェーンに通してネックレスにできます。

ネックレスにして親が身に着けてもいいですし、赤ちゃんが大きくなったときにプレゼントしてあげてもいいと思います。

https://ansan-papa.com/wp-content/uploads/2019/10/表情差分男性標準.png
ansan

うちは大きくなったら、ベビーリングを着けた写真と一緒にプレゼントしようと思ってます♪

赤ちゃんに似合うベビーリングを探してみよう!

以上、ベビーリングについてご紹介しました!

一口にベビーリングといっても、デザインやブランドなど様々なものがあります。
この機会に、ご自身の赤ちゃんに似合うベビーリングを探してみてはいかがでしょうか?

きっと赤ちゃんとの思い出の品になると思いますよ!

それでは!

※本稿はTwitter友達のすけさんが企画した「#週1ブロマガ」の投稿になります。ansanはブログ仲間でモチベーションを高めあいながら更新する「 #週1ブロマガ 」企画を応援しています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。