赤ちゃんを迎える準備 ベビーバス編

赤ちゃんを迎える準備ベビーバス編

こんにちは

Ansanです。

今日はベビーバスについてご紹介していきます。

https://ansan-papa.com/wp-content/uploads/2019/10/アイコン1.jpg
Ansan

お風呂に入れてあげるのは、パパの仕事かな!

どういうときに使うのか?

産まれたての赤ちゃんはものすごく汗をかくので、毎日身体を洗ってあげる必要があります。(”沐浴“といいます)

※汗以外のうんちやおしっこを流して清潔を保つ意味もあります。

この沐浴のときに使うのがベビーバスです。

沐浴の方法

父親学級で習った沐浴の方法を書きます。

かけ布をかけたまま、ぬるめのお湯(38℃くらい)をかける

赤ちゃんは裸になると不安になって泣き出してしまうので、かけ布をかけた状態でお湯をかけます。

まだ首が座っていないため、ちゃんと首を後ろから支えてあげながら少しずつお湯をかけてあげましょう。

かけ布を外して、ベビー用せっけんで身体を洗う

ベビー用せっけんで泡立て、手で身体を洗います。

ゴシゴシ洗うのではなく、指の腹を使ってやわらかく洗ってあげる感じ。

手のひらも汚れがたまっていたりするので、洗ってあげるよう気を付けること。

お腹側が終わったら、ひっくり返して背中側も洗いましょう。

身体をよく洗い流して、身体を拭いて服を着せる

頭から順にぬるま湯をかけてゆっくり流していく。

流し終わったらタオルを使って押し拭きする。(ゴシゴシこすらない)

終わったら速やかに服とオムツをつけてあげる。(すぐに体温が下がってしまうため)

こんな感じでした。

あとはまぁ、実際にやってみないとわからないですね!

https://ansan-papa.com/wp-content/uploads/2019/10/アイコン2.jpg
Ansan

父親学級では中腰でお風呂に入れていたので腰を痛めそうでした。ベビーバスを置く場所もよく考えないといけないです。

どういうものを選ぶべき?

形状としては2つのタイプがあるのですが、沐浴する場所(シンク等)に合わせて決める必要がありますので、ご自身にあったものを選んでください。

・ハードタイプ(プラスチック製):安定するので赤ちゃんを支えるのが楽シンクの形状にあったものじゃないと使えない

・ソフトタイプ(空気を入れて膨らませる):安定しないので最初は慣れが必要(らしい)。シンクにあっていなくても、空気の入れ具合で調整が可能

私が買ったもの

うちのシンクの大きさにあったハードタイプが見つからなかったので、ソフトタイプのものにしました。

前述したとおり、シンクにあうものがあればハードタイプ、無ければソフトタイプで良いと思います。

購入したのはRichell社製「ふかふかベビーバス」

以上のとおり準備だけは整えていますが、まだ実践したことがないため中途半端な記事になってしまっていて申し訳ありません。

実際に使ってみたら、レビューを書いていきたいと思っています。

それでは~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。