赤ちゃんの発声練習「クーイング」について

赤ちゃんの発声練習「クーイング」始まりました

本日は2019年の締めくくりの記事ですが、
関係なくいつも通りあんこちゃんの成長について書きます!

あんこちゃんも生後2か月を過ぎて、大きな変化がありました。

それは…

声を出す」ということ!

今までは泣き声や、たまたま出る声として「アー」とか
いうことがありました。

ですが、ここ最近はずっと「アー」とか「アウー」とか
意識して声を出すようになりました。

https://ansan-papa.com/wp-content/uploads/2019/10/表情差分男性喜.png
Ansan

しかも、とてもやさしい声を出します!

これは「クーイング」と言います。↓

赤ちゃんが落ち着いていてご機嫌のいいとき、「アー」「ウー」「クー」といった声を出すことがあります。これがクーイングです。クーイングは泣き声や叫び声とは違い、口やのどの形が変化したために発せられます。口や唇を使わずに発せられ、くつろいだようなゆったりとした声である点が特徴です。

クーイングは言葉の発達の始まりだとされています。また声が出せることをおもしろがっているともいわれています。

ベネッセ 教育情報サイト 「赤ちゃんのクーイングとは?」

少しずつ発声練習をしているんですね。

というわけで、今日もあんこちゃんの成長について
ご紹介しました!

それでは~!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。